読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いずみまいのブログ

レンジファインダーで撮る山と星のブログ。

涸沢で嵐によってテントが破壊される話

登山関連

f:id:akuaking0928:20161013165027j:plain

 

さて、このテントを使っての涸沢泊、2晩目です。

 

前回の話はこちら↓

akuaking0928.hatenablog.com

 

 

夕方の時点から雨は降っていましたが、相談所の人が言うには

「台風は日本海側に外れてるからここは大丈夫。テント泊でも余裕」

 

とのことだったので、山小屋に逃げることなくテントを信じて眠りにつきます。

 

 

さて、21:00…

風がテントを揺らす音で目が覚めます。

 

f:id:akuaking0928:20161021002424j:plain

天気図を見ると、確かに台風は日本海側にそれているようでした…

 

が、しかし、風はどんどん強くなっていきます…

 

正直、恐怖でいっぱいですが、雨が強くなってきたので、山小屋に避難する間に荷物等が濡れそうで嫌なので、テントの中で耐え忍ぶ判断をします。

 

その時のテント内の動画がこちら。

www.youtube.com

 

風が、やばい。

 

 

そしてこの動画の20分後…

 

10/5、PM23:00

 

 

テントの骨組みが折れ、雨カバーがめくれ上がり、中に雨が入ってきます。

 

全身ヒートテックのみで寝袋に入っていた僕は、

羽毛の寝袋をザックに詰め、その他の荷物をゴミ袋にまとめ(この間15秒)

 

そのザックとゴミ袋を抱えて、全身タイツ状態かつ裸足のまま山小屋に向かって走り出します。

 

何故、裸足なのか…

 

靴は濡れないようにビニール袋に入れて口を縛っていたので、わざわざ出すと、足首から靴の中が濡れる恐れがあったからです。

 

 

テントの残骸と、ビニール袋に入った靴を残して涸沢ヒュッテに駆け込んだわけですが、テントが吹っ飛んで避難してきた先客がすでに4.5名ほど…

 

皆さん同じくテントの骨組みが折れたようです。

 

 

とりあえず山小屋の玄関で朝を待とうとしますが…

そのあとも避難してくる人が来るわ来るわ。

結局、朝の時点で30人くらい居たんじゃないですかね。

 

 

風によってコンパネ板(テントの下に敷いて、寝た時に岩が当たって痛くなるのを防止するあれ)

 が吹っ飛んできてテントに突き刺さり、テントが破れたという人もいました…

 

怪我しなくて本当によかったですね…

 

 

それから、嵐の中、裸足でテン場に戻り、靴とテントを回収してきたり、

山小屋のドアが風によってレールから外れたり、

売店の看板が高速で飛び交っていたりしましたが、なんとか耐え忍び…

 

 

朝になりました…

f:id:akuaking0928:20161013165210j:plain

昨日の台風は何だったのかという、すがすがしい朝です。

 

モルゲンロートも綺麗に出ました。ありがとう!!

 

 

カレーを食べて、3日目を迎えます。

f:id:akuaking0928:20161013165223j:plain

 

 

ちなみに、涸沢ヒュッテの売店の柱が昨晩の風で動いていました。

柱が動いてるというか、屋根が浮いてました。

 

大自然…恐ろしや。

 

 

 

 

『満点の星空』に、つづく!!